【苦手な人への対処法】学校、職場にかならずいる嫌いな人にエネルギーを取られない方法。

2021年4月29日3分で読めます,心理

こんばんは、ひみのブログへ来てくださってありがとうございます。

今日は、「苦手意識」についてです。

あなたには、苦手な人はいますか? 私にはいます。いえ、いました。 

最近、自分で苦手意識を少しだけコントロールできてるのかなって思えるようになりました。

「大好き」の反対は、「大嫌い」じゃなく、「無関心」だと聞いたことがあります。

「好きでいつづける」ことも、「嫌いでいつづける」ことも、ベクトルが違うだけで、実は「多くのエネルギーを使う」という点においては同じなんですよね。裏を返せば、「好き」ということは「嫌い」にも変わりうるし、「嫌い」ということは「好き」に転じる可能性もあるのです。

第一印象がすごく悪かった相手なのに、ふとした瞬間に「あれ?この人って実は猫好きなんだ!」と180度印象が変わって好意を持てたり、反対に一目惚れの相手に対して、ちょっとした価値観の違いを見つけてしまったとき、一気に気持ちが冷めてしまったり。そしてそのまま「興味がなくなる」ということはあるかもしれません。恋は水ものですからね。

けれど、「嫌い」から「無関心」に移行するのは残念だけどあまりないのかなって思います。一度嫌いになってしまったら、なんかずっとその気持ちを引きずってしまうんですよね。いやだなぁ、憂鬱だなぁって。

そう考えたら、なんか癪(しゃく)じゃないですか? 苦手な人に自分の大事なエネルギーを消費するなんて…。好きな人を全力で好きでいるために、好きなことを全力でやるためには、苦手な人や嫌いな人に使うエネルギーは極力節約したいと思っちゃうのです。

Good, Bad
press 👍 and ⭐によるPixabayからの画像

でも、実際どうやって「平常心」を保てばいいのでしょう。そこが難しいところです。

私の場合は、「意識して意識しないようにする」ということをしました。つまり、「その人のことを苦手だと感じている自分を意識しないように努める」んです。そこは、やはり「努力」というと大げさだけど、「そう努める」ことが必要なんですよね。

最初はうまくいかなくても、日々その人を見かけるたびに、話す機会があるたびに、「私、この人のこと苦手だわ」って感じてる自分の気持ちを無視する練習をするのです。

ボクシング
Harut MovsisyanによるPixabayからの画像

不思議です。練習して1か月もたてば、うまく自分をだませている自分に気が付きます。「この人が苦手だわ」と思っていた「自意識」が、自分自身から「無視」されることに慣れてくるんですね。「無視されつづけると、生き物は弱る」ということと似ているかもしれません。

何でもやはり練習は大事!ということを最近しみじみと感じています。練習すれば、その部分の筋肉が付きます。心も同じなんですね。練習すれば、自分の意識を変えることもできるんです。

「嫌いだぁ~、ユーウツだ~」といつまで愚痴っていても、嫌いな人はどこにもいかないですもの。なにより、そう感じてしまう自分自身のこと、あんまり心地よくないんですよね。

日々を楽しくするのは自分だ!ということですね。

よろしかったら、ちょっとやってみてくださると嬉しいです。ではまた。

今日50歳の誕生日を迎えて、ごきげんなひみでした。ありがとう~。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

2021年4月29日3分で読めます,心理

Posted by ひみ