2021年8月14日(土曜日)コロナワクチン(モデルナ)1回目接種の翌日

3分で読めます,Health&Beauty,日記

こんにちは!

昨日、これからはブログがんばらないと決めたら急に気持ちが楽になりました。
これからは、気軽にやっていきます!よろしくお願いします。

私の夏休みは8月17日までなんだけど、天気予報によるとその日まで雨。

だけど昨日も今日も涼しくっていいな。出かける予定もないし。

九州地方の方は大変そうです。どうか被害が最小限に抑えられますように。

コロナワクチン(モデルナ社製)1回目接種の翌日

昨日、コロナワクチン(モデルナ社製)の1回目を打ってきました。

注射するときはチクっとしたくらいで、液が身体に入ってくるときの痛みはほとんど感じなかったです。
以前に受けたインフルエンザワクチンの方が痛かったと思いました。

痛み最高10として、0.5くらいかな。つまり、余裕でした。

接種は会社の職域接種を利用しました。

うちの市は予約がしばらく取れないと聞いていたので。

でも明後日から市の新規予約(市のはファイザー社製)が始まるそうで、接種後2回目の副反応はモデルナの方が発熱率が高いと聞いているので「早まったか?」と思ったけど、市の予約も取れるかどうか分からなかったので、職域で受けました。

そして、昨日は打ったところが若干気になるくらい(かすかな痒み)ですが、触ったり押したりはできない感じです。

接種した腕を下にしては寝られません。 ヨガもできません。


打った人から、「パソコンも打てない」、「腕が上がらない」など聞いていたのですが、そこまでの違和感はありませんでした。

そして今日(接種翌日)ですが、昨日とあまり変わらない状態です。

良くも悪くもなってない。 強いて言えば、「すこ~しだけ良く」なっているかな。

でも、「モデルナアーム」といって、接種後約1週間くらいで症状が出る例があるらしいので、経過観察します。

モデルナアームとは

mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチン接種後、数日から1週間後くらい経ってから、接種した腕のかゆみや痛み、腫れや熱感、赤みが出てくることがあり、いわゆる「COVIDアーム」(または「モデルナアーム」)と呼ばれています(※1、※2)。ほとんどが武田/モデルナ社のワクチンで報告されています(※3)が、ファイザー社のワクチンでも稀に起こります。

引用:ワクチンを接種して1週間くらい経ってから、腕にかゆみや痛み、腫れや熱感、赤みが出てきました。どうすれば良いですか。|新型コロナワクチンQ&A|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

周りの人の接種状況

現段階で、両親(二人とも75歳以上)は2回目まで済。

社内では統計がないからはっきりとはしないけど、80%以上はおそらく2回目まで接種済っぽい。

野球関連のママさんたちも、いつも一緒に同行するメンバーはみなさん2回目も接種済みのよう。

上の子(14歳)にも市から接種券が届きましたが、今のところ、子供の接種は考えていません。

昔、インフルエンザの接種で本当のインフルにかかったような副反応が出てしまったこと、まだまだ事例が少ないワクチンなので子供に受けさせるのは見送りました。

ひみ

ワクチン券来たけどど~する~?
(一応聞いてみよ)

ぽん(FtM・14歳)

ぜったいやだやだぜったい受けない!
断固拒否します!

本人の意思もあり。ていうかぽんは小さいころから注射が大嫌い、病院大嫌いで、よく病院で大騒ぎして先生と私を困らせてくれたな~。

歯医者さんも、大人数人がかりで押さえつけて治療したっけ。(ひどいよね? でも虫歯を放置するわけにもいかず…)

今となっても苦い思い出です。

ワクチンの効果について

色んなニュースをみると、ワクチン2回接種後でもコロナに罹患した例もあるし、ワクチンを2回接種したから安心というわけではなさそうです。

でも、今やれることをやるしかないです。

打って罹患したら「仕方ない」と思えるけど、打たないで罹患したら後悔しそうです。

コロナが流行り初めたころは、ワクチンもなく、ただただ見えない脅威におびえていました。

その時に比べたら、今は3種類(ファイザー、モデルナ、アストラゼネカ)のワクチンがあり、接種することにより罹患が防げている人もいるはずです。

本当に、ワクチン開発関係者の方、医療関係者の方々、ありがとうございます!

ファイザーとモデルナ、デルタ株に効くのはモデルナとの研究結果記事がありました。

2回目接種後の副反応は、モデルナの方が発熱率が高くつらいと聞くので、翌日は仕事はお休みにしてもらいます。

コロナも生き残りをかけて型を次々と変化させてくるから、ワクチンもすべての型をカバーできるわけもないんですよね。

どうやって生き残るか

今、日本の感染者数は過去最大となっており、医療機関も病床がいっぱいで、もし罹患した場合、重症じゃなければ自宅療養になるんですよね。

自宅療養したら、子供たちにもぜったいに移りますよね。こんな50平米やそこらのアパート、トイレだって一つだし、完全に生活空間を区切ることは不可能です。

子どもたちに移るのを避けるために、ホテルなどに私だけ滞在したとしても、子供たちのお世話は誰かにお願いしなきゃいけないし、どちらにしても大変なことになりそうです。

あとは、コロナじゃない病気やケガにも注意しなきゃいけませんよね。

特に緊急を要する交通事故にしたって、以前はコロナ対応じゃなかった病院までコロナ対応病院になっているために、搬送できないということが起こるんですって。

と、こんなことを考え始めてしまったら、どんどん怖くなっていきます。

命の危険と隣り合わせの時代に生きるなんて、数年前は想像もしていなかったことです。

今までは、どんなことがあっても、「私は大丈夫、絶対死なない」という謎の自信のようなものがあったのですが、今回のコロナに関しては、そんな自信まったくありません。

いつ罹患して、重症化して、死ぬかもわからないなって日々思って生きてます。

でも、感染したくないからといってずっと家にこもっているわけにもいかないです。

仕事もあるし、買い物もあるし、時には気分転換も必要です。

子供たちが習い事で感染したのをもらってしまう可能性だってあるし、とにかく、現状の生活を続けながら、感染しないように出来ることをやる、それが最適な気がします。

またみんなで会ったり出かけたりご飯食べたりできる日はきっと来る!と信じて、乗り越えたいです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

ランキングに参加しています。
クリック頂けると嬉しいです。
      ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログ シングルマザー日記へ