【NHK受信料が分かる!】しつこい訪問員の対応方法と断り方、解約方法

2021年6月26日ニュース,心理

こんにちは! 

過去にNHK事務スタッフとして約4年間仕事をした経験をふまえ、今回は「NHK受信料」について、お問い合わせが多かった点を整理するとともに、訪問員(※下記枠線内をご参照ください)への正しい対応方法や断り方、解約方法をお伝えします。

※本文中で使用している「訪問員」という言葉について

「訪問員」には大きく分けて3つあります。

1.NHKの職員
2. NHKの地域スタッフ(今はなき集金制度があった頃からのスタッフ。数は少なく、新規採用はしていない。)
3.業務委託会社の社員

本文中に出てくる「訪問員」とは、主には3.業務委託会社の社員を指しています。

NHK職員も訪問活動を全くしていない訳ではありませんが、大口の顧客対応、民事裁判関係の対応や解約時の現場確認、お客様への謝罪等、NHK職員が一般家庭に訪問する場面は限られています。


個人宅へ「新規契約」あるいは「地上契約から衛星契約への変更」目的で訪問するスタッフは主に業務委託会社の社員とお考えください。

ファイル:NHK logo.svg - Wikipedia
この記事はこんな方向けです

・テレビがないのに何度も訪問されて困っている方
・自宅の受信環境が「地上契約」なのか「衛星契約」なのか分からない方
・お子さんが一人暮らしを始める予定のある方
・少しでも受信料を安くしたい方
・「家族割引」について知りたい方
・「受信料免除」について知りたい方
・「解約方法」を知りたい方



まず最初にお断りしておきますと、この記事は、「テレビを持っているけど受信料を払いたくない」という方には向いていませんが、訪問員の対応方法などは参考になってしまうかもしれません。
くれぐれもご参考までにとどめていただくよう、お願いいたします。

受信契約には「地上契約」と「衛星契約」の2種類があり、どのような受信環境がそれぞれに該当するのかも解説していきます。ご自身の受信環境はどちらでしょう?

その他、お問い合わせの多かった「家族割引」「受信料免除」規定についても紹介したいと思います。

春先になると、親元を離れ一人暮らしを始めた学生さんの親御さんから苦情の電話がじゃんじゃん着信します。
訪問員はタブレットのような顧客情報が入った機器を使用し、契約のない世帯に訪問します。



社会経験の少ない学生さん宅に夜遅くに訪問し、契約をもぎ取っていきます。
我が子をそんな危険な目に遭わせないための対策も合わせてお伝えしたいと思います。

「受信料免除」については、「非課税世帯なんだけど、免除になるの?」という問い合わせが多かったため、どのような方が全額免除あるいは半額免除の対象になるのかをお伝えします。

目次は読みたいところへジャンプできます。タイトルをクリックしてくださいね。
↓     ↓     ↓

受信契約は義務なのか?

みなさんのご自宅にテレビはありますでしょうか。あれば、「受信契約は義務」となります。

※NHKの放送を受信できる携帯電話・スマートフォン、カーナビ、パソコンも受信契約の対象となりますが、契約は「世帯ごと」なので、一世帯に複数のテレビやカーナビがあっても契約は一つとなります。

第六十四条 協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第百二十六条第一項において同じ。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。

放送法 | e-Gov法令検索 (e-gov.go.jp)

玄関先にNHKのシールが貼ってあるのを見たことがあると思いますが、あのシールは現在は運用が終わっています。
契約の有無、契約内容などはすべて社内システムと訪問員が持っているタブレットにて管理されています。

受信料の「支払い」は義務なのか?

放送法64条で、「契約する義務」は明記されていることが分かりました。
では、「支払う義務」に関してはどうなっているのかというと、総務大臣の認可を得て定めた「日本放送協会受信規約」というものがあります。

第5条 放送受信契約者は、受信機の設置の月の翌月から第9条第2項の規定により解約となった月の前月まで、1の放送受信契約につき、その種別および支払区分に従い、次の表に掲げる額の放送受信料(消費税および地方消費税を含む。)を支払わなければならない。

NHK受信料の窓口-日本放送協会放送受信規約 (nhk.or.jp)

「法律」ではなく「規約」なのでいまいちそのパワーが伝わりにくいですが、総務大臣が許可しているということは、一応「支払いの義務」もあると言えるのかな?と私は受け取りました。

テレビがあるのに契約しないと訴えられるって本当?

NHKの受信料のホームページに、「放送受信契約の未契約世帯に対する民事訴訟について」のお知らせを見つけました。

以下抜粋します。

未契約世帯については、これまでに44都道府県で466件の民事訴訟の提起を行っています。このうち、225件については受信契約の締結と受信料の支払いに応じていただいたことなどから、訴えの取り下げ等を行いました。

また、119件については契約の締結と受信料の支払いに応じていただく和解となりました。113件については、いずれもNHKの請求を認める判決が確定しています。残る9件は、現在係争中です。

000065008.pdf (nhk.or.jp)

テレビなどの受信機があるにもかかわらず受信契約を締結しない場合、受信料の公平負担を徹底するため、放送受信契約の締結と受信料の支払いを求める民事訴訟を起こされる可能性もゼロではなさそうです。

訴えられるリスクを負って生活するのは嫌だな、と私は思いますが、世の中には様々な考え方の人がいて、「訴えられることなんかない」と思っていたり、「過去のNHK不祥事があるから受信料は払いたくない」という方も多くいらっしゃいました。

受信料額

出典:NHK受信料の窓口-受信料のご案内・受信料のお手続き

ラジオのみであれば、受信契約は不要です。

受信料はけっこうな高額で、支払いたくない気持ちもありますが、法律で決まっている以上仕方ないので、私も受信料を支払っています。

どうせ支払うものならば、お得に支払いたいと思うのはみなさん一緒ですよね。

それならば、「口座振替」か「クレジットカード」で「12カ月前払い」を選びましょう。

「継続振込」というのはいわゆるコンビニ払いです。

コンビニに出かける手間もかかるうえ、料金も高くなっているので避けたいところですが、なかには「毎月しっかりと金額を確認して支払いたいから、電気もガスもNHKも継続振込にしている」というお客様もけっこういらっしゃいました。ご高齢の方に多かったように思います。

このほか、ケーブルテレビに加入している場合、ケーブルテレビの料金と一緒に支払う方法もあります(団体一括割引:「継続振込」額より月額200円割引)。
ケーブルテレビに加入していないと選べない支払い方法ではありますが、現在のところ、衛星契約の料金としては「団体一括割引」が一番お得になっています。

詳しくはご加入のケーブル会社へお問い合わせを。

出典:NHK放送受信料に関するご案内 pamphlet.pdf (nhk.or.jp)

地上契約か衛星契約か

地上契約

地デジUHFアンテナ
以下の場合は、地上契約となります

・建物に地デジアンテナのみ設置があり、共用BSアンテナや個別パラボラアンテナの設置がなく、ケーブルテレビと契約もしていない
・世帯に存在する受信機がワンセグのみ(ワンセグではBSは受信できないため)
・地デジの視聴しづらいエリアに住んでいて、ケーブルテレビで地デジのみ受信している(通常、ケーブルテレビとの契約は地デジ・BSがセットとなっている)

私の住んでいるアパートは、「地デジアンテナ」のみ設置されており、衛星放送(BS)を受信したい場合は別途ケーブルテレビと契約を結ぶか、個別のパラボラアンテナをベランダなどに設置する必要があります。

私はケーブルテレビと契約をしておらず、パラボラアンテナも設置していないため、BSは見たくても見られません。この場合、「地上契約」が該当となります。

パラボラアンテナは白くて丸くて大きなお皿のような形をしているので、設置してあれば一目瞭然ですが、ケーブルテレビと契約しているかどうかはどうやって分かるのでしょう。

ケーブルテレビと契約すると、外の電柱から自室までケーブルが引き込まれるため、訪問員はそれを見て判断しているのかな?なんて思いますが、私もそこはよく分かっていません。

ここに住んで3年目ですが、一度も衛星契約を勧める訪問員が来たことがないので、私の部屋には外から見ても明らかにケーブルが引き込まれていないのだろうなと推測しています。

また、テレビがなくてもワンセグ携帯やワンセグスマホ、ワンセグカーナビのいずれかがあれば、地上契約の対象となります。

アイフォンにはワンセグ機能は付いていないので、受信契約の対象外となります。

衛星契約

BSアンテナ
以下の場合は、衛星契約となります

・戸建ての場合、ケーブルテレビに加入している
・戸建ての場合、屋根の上に地デジアンテナの設置があり、パラボラアンテナも設置している
・集合住宅の場合、ケーブルテレビに加入している
・集合住宅の場合、共用BSアンテナ設備が備わっている(部屋の壁とテレビをコードで繋ぐとBS放送が受信できる)

※「地上契約」、「衛星契約」の他に、自然の地形による難視聴地域または電車などにおいて衛星放送のみを受信できる場合の「特別契約」があります。


共同BSアンテナを設置してあるアパートやマンションに住む場合、仮に、テレビとBSアンテナをつないでいなくても、「衛星契約」が必要となります。

テレビにBSアンテナを繋ぐ・繋がないということではなく、受信設備があるか・ないかで契約が分かれてくるのです。


※繋ぐためのコードは残念ながら「設備」とは見なされず、コードを持っていなくても衛星契約の対象となります。

これは、見ない人にとってはなかなか納得できないことですよね。
お問い合わせや苦情、ご意見がとても多かったです。

本当にBSを見ないし必要ない=コードを購入していないからBSが見られないお客様の気持ちも分かるだけに、対応する際は丁寧にご説明し、ご理解をお願いすることしかできずもどかしかったです。



訪問員は、「リモコンを見せてください」と言ってTVリモコンを持ってこさせてから、誘導して操作させてBSの設置確認メッセージを消去させ、衛星契約を締結させるという方法で、きちんとした説明をしていない場合が多々あり、それが苦情の原因になっていました。

集合住宅をこれから探して引っ越しを考えている方は、転居先の受信設備についてあらかじめ確認しておくといいかと思います。

集合住宅に共用のBSアンテナ設備があれば、その時点で「衛星契約」が必要となります。

NHK訪問員、業務委託会社の訪問員への対応方法・断り方

すべての訪問員がそうだとはいいませんが、NHKの訪問員の評判が悪いことは有名です。
ネットを見ると、いくらでも悪評が出てきます。
私なりにこうした方がいいのではないか?という注意点をお伝えします。

テレビなどの受信機を持っていないのに、訪問員が来た時の注意点

【インターホン越しの対応】
・オートロックは他の住人の後を付いてすり抜けて、いきなり部屋のドアの前にいることがある
・ピンポーンと鳴ったらまずインターホンにて対応する
・人物がカメラに写っていない場合がよくあるらしいが(わざと映らないようにして、不審に思った居住者にドアを開けるよう誘導している疑いあり)安易にドアを開けない
・「宅急便です」「お荷物です」と言われたら「誰から(どこから)の荷物なのか」等確認するようにして、すぐにドアを開けない
・「受信設備の点検です、玄関先で対応お願いします」と言われたら具体的にどういうことか聞き、すぐにドアを開けない
・NHKだと分かったら、テレビ、ワンセグ機器、テレビチューナーなどは一切ないことを伝える
・訪問頻度を減らしてほしい場合、最寄りのNHKに伝えると対応してもらえる場合がある(訪問員に言っても効果はない)


【玄関先での対応】
・ドアを開けてしまったら、テレビ、ワンセグ機器、テレビチューナーなどは一切ないことを伝える
・携帯の機種を聞かれたら「アイフォンです」と答える
・帰ってほしいと伝えても帰らない場合、最寄りのNHKにその場で電話し、訪問員の名前と委託会社名を伝える
・それでも帰らない場合、「不退去で警察を呼びます」と伝える

訪問員は夜遅い時間でも訪問します。確か、受信料は「訪問販売」に該当せず、夜9時以降は訪問してはいけないという規定から逃れていたと記憶しています。

その辺も、NHKはもっと常識的な営業方法を指導・監督してほしいです。

家族割引

受信料の家族割引とは、住居に設設置されたテレビについて、

 (1) 同一の放送受信契約者が複数の放送受信契約を締結している場合(別荘・別宅等)
 (2) 同一生計である複数の方がそれぞれ放送受信契約を締結している場合(学生・単身赴赴任等)を対象として、2契約目から、受信料額の半額が割引となる制度です

出典:NHK放送受信料に関するご案内 pamphlet.pdf (nhk.or.jp)

家族割引は、別荘・別宅に設置されたテレビや、学生の一人暮らし、単身赴任先などに適用でき、受信料が半額になるサービスです(申し込みが必要です)。


もし、私の子どもたちが将来一人暮らしをすることになったら、私は転居日までには必ず子どもの分の受信契約を結んでおこうと固く心に決めています。

引っ越しのトラックを目ざとくみつけ、引っ越しの最中にも遠慮なく訪問員はやってきます。

訪問員が持っているタブレットに、すでに契約が確認できれば訪問員はもちろんやってきません。

もし受信機が一切なかったとしても、子どもが自分で訪問員対応ができるようになるまでは、契約を締結して子どもを守ろうと思っています。

それほどまでに、NHKの訪問員と接触したくない・させたくないという気持ちが大きいです。

「泣きながら子どもから電話がかかってきた!」というお怒りの電話を何度も受けた経験から、そのように思うに至りました。

新規契約、家族割引の申し込みはNHKと直接しましょう。郵送でもできます。

受信料の免除について

NHKの受信料には、「全額免除」と「半額免除」の2種類があります。

今年、私の父が人口透析を受けるようになり、「身体障がい者1級」手帳を取得しました。

父は世帯主であり、受信契約者なので、「半額免除」該当となります(申請が必要です)。

全額免除半額免除
世帯の中に障がい者手帳(身体・知的・精神)を持っている人がいて、世帯員全員が住民税非課税世帯主が契約者で、身体障がい者手帳(1級・2級)を持っている
・公的扶助(生活保護)受給世帯世帯主が契約者で、視覚・聴覚障がい者手帳を持っている
・社会福祉施設入所者(特別養護老人ホームなど)世帯主が契約者で、精神障がい者福祉手帳(1級)を持っている
・親元が市民税非課税の学生世帯主が契約者で、重度の知的障がい者と判定されている
・親元が公的扶助受給世帯の学生
・選考型奨学金を受給している学生、授業料免除されている学生
  参考:NHK放送受信料に関するご案内 pamphlet.pdf (nhk.or.jp)

上記の他にも重度の戦傷者などが該当する場合があります。詳細はNHKへお問い合わせください。

契約の解除(解約)について

受信機がすべて世帯になくなったとき、あるいは故障して受信できなくなったとき、受信機を譲渡した場合などには受信契約を解除することができます。以下、それぞれの場合の解約方法です。

①受信機を【廃棄】した場合

NHKに連絡して、「解約届」を送付してもらい、廃棄の際に発行された「リサイクル券」のコピーを添付して返送する。

リサイクル券を紛失・廃棄済みの場合は、「現場確認」という名の自宅確認をする場合があります。(実際に職員がお宅に行き、玄関先からテレビがないことを確認し、解約届を手交する。家の中まで上がることはなかったと思います。)

②受信機が【故障】した場合

NHKに連絡して、「解約届」を送付してもらい、解約理由欄に受信機が故障した旨を記入し、返送する。

③受信機を【譲渡】した場合

NHKに連絡して、「解約届」を送付してもらい、譲渡先の住所を記入し返送する。
※私が働いていたときは、譲渡先に連絡したりはしていませんでした。

④海外に転居する場合

NHKに連絡して、「解約届」を送付してもらい、いつ転居するのかを記入し返送する。
ただし、出国の日程が迫っているなどで解約届の郵送が間に合わない場合などは電話だけで解約を受け付ける場合がある。

契約解除にあたっての注意点

・テレビなどの受信機がなければ、上記の手続きをして受信契約を解除することができます。しかし、当たり前ですが契約のない世帯には訪問員が訪問する可能性があります

訪問員への対応は3.NHK訪問員、業務委託会社の訪問員への対応方法・断り方をご参考ください。

また、上記は数年前の情報となります。実際の解約方法については、NHKへお問い合わせをお願いします。

NHK受信料 まとめ

過去にNHKの事務スタッフとして働いた経験をもとに、お客様よりお問い合わせの多かった点をまとめてみました。

受信契約の締結は国民の義務なのか?テレビ・ワンセグ・カーナビ等の
受信機があれば契約は義務となる。
受信料の「支払い」は義務なのか?「日本放送協会受信規約」に支払いの義務が明記されている。
受信機があるのに契約をしないと訴訟を起こされることがあるか?ある日突然に訴えられることはまずないと思って良いが、実際に訴えられた事例が466件もあるため、訴えられる可能性はゼロではない。
受信料額は?(右記は年払いの場合)地上契約:13,650円(口座・クレジット払い)14,205円(継続振込)
衛星契約:24,185円(口座・クレジット払い)24,740円(継続振込)
地上契約と衛星契約の違い受信設備による。
集合住宅に共有BSアンテナがあれば衛星契約が必要。
NHK訪問スタッフの断り方ドアを開けず、インターホン越しに対応する。受信機がないことを伝える。
ドアを開けてしまったら、受信機がないことを伝える。それでも帰らない場合は「不退去で警察に言う」と伝える。
家族割引とは?(要申請)同一生計の離れて住む家族や、別荘・別宅の受信料が「半額」になるサービス。
受信料免除とは?(要申請)半額免除:世帯主が受信契約者で、重度の障害を持っている。
全額免除:世帯の中に障害者手帳を持っている人がいて、かつ世帯全員が非課税。また、生活保護受給世帯。その他要件もあり。
解約方法は?テレビなどの受信機が世帯からすべてなくなった場合に解約の対象となる。NHKに申し出て、解約用紙にて郵送手続きする。
海外転居の場合もNHKに申し出て、解約用紙にて郵送手続きする。(急な海外転居の場合は電話のみで解約を受け付けることもある
。)
NHK受信料が分かる表



NHK受信料制度それ自体の賛否はいったん置いておいて、今回は受信料のことをなるべく分かりやすくひも解いてみたつもりですが、いかがでしたでしょうか。

テレビがないのにしつこく訪問されて困っている方や、受信料を支払いながらも実はNHK受信料制度のことをよく知らなかった方のお役に立つ情報があったなら幸いです。

なお、この記事には数年前に私が事務スタッフとしてNHKで働いていた時の情報も含まれているため、最新の情報はNHK受信料のホームページなどをご覧ください。

今後も、受信料制度がどうなっていくのか、注視していきたいと思います!
NHKさんに届け~!と願いをこめて。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。
クリックいただけたら嬉しいです。
↓   ↓   ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他日記ブログ シングルマザー日記へ



2021年6月26日ニュース,心理

Posted by ひみ