娘が「男の子」になる日まで③~中学校への手紙~

2021年4月29日5分で読めます,LGBT,子ども

こんばんは、ひみです。私のブログに来てくださってありがとうございます。

今日は、娘が「制服のスカートを履くのに抵抗がある」件を、教育委員会と入学予定の中学校に相談したときに書いたメールを紹介します。今は教育委員会にも中学校にも、市のホームページからメールで問い合わせできるようになっていて便利だなと思いました。

同じようなお子さんを持つ保護者の方や、同じ悩みを持つお子さんの参考になれば嬉しいです。お子様の状況に合わせて内容を修正して再利用いただいても構いません!

このメールを送った後に中学校からご連絡をいただき、校長先生と教頭先生と私の三者面談を経て、無事にスラックス着用が実現しました!

校長先生がおっしゃるには、「制服については以前より議題には上がっていたが、決定には至らなかった。今回お申し出頂いたことで議論が進み、この度の決定となった」とご説明いただきました。やはり、今はどんどんと女子スラックス着用を認める学校が増えてきていますし、議題には上がっていたようです。

今回は、娘の着用を許可するにとどまらず、校則が変わりました。すべての女子生徒がスカート・スラックスのどちらでも好きな方を好きな日に着用できることになりました~!嬉しすぎる日となりました。

以下、メールとなります。

(中学校へのメール)
初めまして、****と申します。来年度、娘が**中学校に入学予定なのですが、制服の件でご相談させて頂きたいことがあり、お問い合わせさせていただいております。 
 
これまで**中において、前例があったかどうか等全く知識がないままのご相談ですが、単刀直入に申し上げますと、女子生徒でもスラックスの制服を選ぶことは可能でしょうか。 
 
娘は身体は女性に産まれつきましたが、心は男性との認識がここ数年で芽生え、それを最近母である私に告白してくれました。来年の中学校進学を前に、スカートの制服を毎日着なければならないことについて今から心配しており、それが原因なのかは不明ですが、恐らく将来への漠然とした不安感から先日体調を崩し1週間ほどの入院を余儀なくされました。普段の娘は学校行事に積極的に参加し、ダンスと英語が好きな明るい性格です。  
 
母としては、思春期を通過する中学時代を楽しく学校に通ってほしいと思いますし、本業の学業に打ち込めるよう、なるべく心配ごとや避けられる問題は解決できればと思います。  
 
市教育委員会にこの件について問い合わせしたところ、指導課の****様よりご回答を頂きました。 
以下、引用させて頂きます。 

市教育委員会からのお返事

** **  様 
 
 ホームページからのお問い合わせを拝読いたしました。お問い合わせの件について回答させていただきます。 
多様な個性を尊重する環境を作っていく一環として、女子生徒がスカート以外にスラックスを選ぶことができる学校が広がってきていることは把握しています。 
 市教育委員会では、学校生活において児童生徒の心情に配慮したきめ細かな対応ができるようにすることはとても大切なことだと認識しており、制服についても児童生徒のニーズに合わせて、学校でできる範囲の対応をしているところです。 
 制服については各学校で対応いたしますので、お子様が進学する中学校(学区からだと**中学校になると思います)に早めに相談していただければと思います。よろしくお願いいたします。 

 

(中学校へのメールの続き)
娘の自己認識(産まれつきの性とは異なる性がしっくりくる)が将来的に長く続くのか、あるいは一過性のものなのかは(なにしろ思春期ということもあり)現時点では未知数でありますが、母としては最大限娘の気持ちに寄り添い、一緒にこの問題を考えていこうと思っています。 
 
その過程で、まず制服について、**中学校ではどのような現状であるのか、また娘が制服のスラックスを着用し入学することを許可して頂けるのか、ご検討頂きたくお願いいたします。 
 
仮にスラックス着用可との許可を頂いたとして、制服の件のみにとどまらず学校生活における様々な問題もまた課題として残されます。例えば、集団生活のなかで男女分かれて行動をする場面(着替え、トイレ、お風呂等)では身体が女性の娘が、思春期の男子生徒のなかに居ること自体が別の問題を生む可能性を含んでおり(主に、不必要に男子生徒を困惑させてしまう懸念)、娘一人の個人的心情を優先するべきではないと思います。  
 
社会で皆が気持ちよく過ごすためには、ある面においては全体として考え、自分の希望を優先できないときもあるのだと娘自身も理解しております。 
娘はこれまで幼稚園、小学校と積極的に学校生活を過ごしてきており、中学校ではさらに充実した学校生活を送ることを楽しみにしていたなかで今回の性同一性の問題が自身に起こり困惑しています。 
毎朝身に着ける制服がスラックスでもいいということになれば、ひとまず学校に登校すること自体は問題なくできるかと思います。 
 
長くなりましたが、**中学校としてのお考えを率直にご回答を頂ければ幸いです。もしご回答が娘の意に沿うものであれば、母子ともに嬉しく存じます。 
 
** ** 

このメールを書いたころには、私もまだ娘の気持ちについて半信半疑だったのが分かりますね。

今はもう、「ずっとこのまま変わらないのだろうな~、むしろどんどん加速していくんだろうな」と感じています。

まだまだ分からないことがたくさんある分野ですので、徐々に勉強していこうと思います。

ではでは。明日はいったんこの話題から離れてほかのこと書こうかなと思っています。また読んでいただけたら嬉しいです。

草原と大空
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM)へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

2021年4月29日5分で読めます,LGBT,子ども

Posted by ひみ