フードコートでの席をめぐる争いについて

2022年8月24日1分で読めます,ニュース,心理,日記

こんばんは、ひみのブログへようこそ!
今日見かけたイオンのフードコートでの争いについて書きます。

てる(息子・小5)の野球のスパイクが小さくなったので(息子が成長しただけで、靴は小さくなっていないのに、こういう言い方しますよね)、お買い物に行ってきました。

行き先は、イオンモール内のスポーツオーソリティ。

ゲームをしたいてる、自分もぶらぶらしたい私、まずは別れて行動。

私は「KEYUKA」でキーホルダーを購入。スマホに付ける用です。その後ぶらぶらしたけど、金欠もあいまって物欲がとくに湧かず、てるに内緒でフードコードで31アイスクリームでチョコミントのレギュラーコーンを買って席を探していたのですが、今日はすごく人出が多くて開いてる席がありません。

フードコート内を1周、2周してやっとちょうど席を立った方がいたので座れました。

そして食べていたら、割と近くの距離から、何と言ったかはよく分からなかったけれど、怒声が聞こえてきました。

声の方向を見ると、どうやら何かモノを置いて席をキープしていたと思われる家族連れ(パパ、ママ、5歳くらいの女の子)のパパと、それ(キープ)を知ってか知らずか席に座っていた70歳くらいのおじさんがもめ始めた様子。

アイスの味も全然分からないじゃない・・・、なりゆきが心配。

最初に怒鳴ったのはおじさん。

パパさんがなんと言ったのか聞こえなかったけど、聞こえなかったということは最初は普通の声の大きさでおじさんにキープしていたことを言ったと想像。

そしたらおじさんが急に大きな声で怒鳴ったのでしょう。

急に怒鳴られたら、パパもイラっとするし引けなくなるのは想像できる。

そもそも、モノを置いて席をキープするのはありなの?という問題がありますが、そこは「ダメです」と書かれていないし、大丈夫だと思います。

となると、おじさんが悪い?悪くて逆切れして怒鳴ったおじさんが全面的に悪いの?

そうですよね。 キープしていたことに気付かなかったのなら、素直に席を開ければいいし、気付いててわざと「こんなキープなんか無効だもんね」という気持ちで座っていたのなら、「あのーすみません、その席取ってたんですけど」ってパパに言われたらここぞとばかりに逆切れするよなぁ。

とにかく子供もたくさんいるような連休のショッピングモールのフードコートで急に怒声はダメだよ~。

4人掛けの席に一人で座っていた私、その家族連れに席を譲ってもいいなと思ったころ(アイスは立って食べられる)、すでにある女性が奥さんの方に行き、何かを告げて、奥さんは頭を下げていたので、私の瞬発力負けでした。

(恐らく)席を譲りますよと告げに行った女性はお母さんとみられる連れの人を急がせて、席を開ける準備をしていました。

私は大好きなチョコミントの味半減ながらなりゆきを見守っていたのですが、パパさんはなぜかマスク外して好戦状態だし(パパさんは立っているので高いところから座っているおじさんを見下ろすの図)、おじさんも引かずに「オレが座ってるんだよ!!」らしきことを怒鳴るし、一触即発の緊張感。

ママと娘ちゃんは何も言わずそばに立って見守っている。女性から席を譲られても、その席に移動はせず、ずっと同じ場所に立っている。

私だったら、ほんとにやめて!って思うからパパをなんとか止めて譲ってもらった席に移動しておじさんは動かさないでいいと思う。

だって3人いるんならパパが残るとか、ママと娘が残るとかして交代で食べ物を買いに行くこともできたし、70歳くらいのおじさんは席のキープとか知らない(もしくは気付かなかった可能性もある)し、家族3人はその時点で一人のおじさんより幸せじゃん!って思っちゃうし、なにより急に殴られるとか刺されるとか、相手がどんな人か全く分からないし、そんなフードコートの席の一つや二つでケガとか命落とすとか嫌だし。

そんなことでケンカしないで~、お願い!って思っちゃうのだけど。

でも男の人ってそうじゃないみたいなんですよね。家族を守る、自分のテリトリーを守るという本能なのかな。

結果的に、何度かの言葉のやりとりの後、おじさんはしぶしぶ席を立ちました。

去り際にパパさんの半袖Tシャツから出たひじ下とそのおじさんの腕がすれ違いざまに触れて、そのときパパさんが「謝れよ」と言ったら、おじさんは「謝る必要ないだろ!」と言ってすたすた歩いて去っていきました。

パパさんにしてみたら、がんばって席を死守して家族が座って食事できることになったから「俺がんばったよ!」と思ったかもしれないけど、奥さんは、娘ちゃんは、どんな心境で食事したのかな。。。
まぁ、パパさんを止めたりしなかったんだから、「パパありがとう!がんばってくれて!変なおじさんどかしてくれて!」と思ってるのかな。

私だったら、そんな諍いを経て獲得した席で食事してもなんだか気分悪いし(食欲なんかもうない)、事がはじまってから終わるまでの間ずっとやきもきしていたし、嬉しくないんだけどな。

「いやなおじさんだったね!」とか「非常識なおじさん腹立つね!」とか言い合っていたとしたら、何か違うんじゃないのって思う。

そのおじさんは、自分よりも明らかに年上でありながらも高齢者という弱い立場で、急に怒鳴ったりするのもなにか精神的な事情があるのかもしれないし、急に怒鳴られた時点で「あっ、めんどくさいことになるな」と察して引いた方が絶対絶対いいです。

もうそんなテリトリー争いとか、男の本能とかっていう時代じゃないでしょ。

ただでさえ争いが絶えない世界なんだから、日々は穏やかにお願いします。

でも急に逆切れして怒鳴るのはやっぱりおじさん悪いことだよ。

でもおじさん病気かもしれないよ。

と、えんえんと考えてしまったので書きました。

読んでくれてありがとね。

その後てると落ち合い、無事にスパイクを購入しました。

そして普段履いてるスニーカーもマジックテープがバカになっててぺろーんと剥がれてひらひらしているので、帰りかけたんだけどさすがにこれは可哀そうと思ってエレベータに乗る直前で引き返してもう1足運動靴を買いました。

今度パパが来るときには古い方の靴を履いていれば見かねてきっと新しいのを買ってくれるはず!笑

雨の日とかびしょびしょになるから普段履きの靴は2足必要だもんね。

ではみなさま素敵なゴールデンウィークを!

日曜は天皇賞だ~! ハルテン!わくわく。

お・し・て・ね!

にほんブログ村 その他日記ブログ シングルマザー日記へ

2022年8月24日1分で読めます,ニュース,心理,日記

Posted by ひみ