16時間ダイエットを始めて1週間経ちました。

2021年4月26日3分で読めます,Health&Beauty

体重を落とすという目的ではなくて健康のためにファスティングをしよう!と思い立ったのが先週の土曜日でした。それから1週間経過した現在のカラダについて書きます。

初日は、まる1日(24時間)のファスティングが目的でした。会社や在宅でのパソコン仕事もあってか年末からずど~んと重い肩こりに悩まされ、背中もばっきばき、50歳にもなりましたし、ある程度の不調は仕方がないにしても、つらいなぁ~と思っていました。

肩こりがつらそうな女性

年末年始におせち料理やお酒などを好きなだけ摂取した結果、体重も2キロほど増えているし、ちょっと胃腸をお休みさせたいな~と思って1日ファスティングをスタート。前日の夕食は夜8時くらいには済ませていましたが、食後には赤ワインを寝る前までグラス3杯は飲んだでしょうか。

朝食は抜いていざ水のみでスタートしたものの、いきなり当日思い立って始めたのもあり、5時間経過したあたりで(ちょどお昼くらい)、空腹を紛らわそうとネットで「断食 ファスティング」などと検索をしてみたら「16時間ダイエット」や「オートファジー」の記事を見つけたのです。つまり、1日24時間のうち、睡眠時間込みで16時間は水やコーヒーなどのカロリーのない飲み物のみで過ごし、残りの8時間のなかで1日の食事を摂るという間欠的ファスティング。

二つのグラスに入った新鮮なお水

「16時間の空腹」を作ることにより、飢餓状態を意図的に作り、その際に活性化する「オートファジー」をうまく利用します。「オートファジー」は「自食作用」とも呼ばれ、細胞内の新陳代謝の仕組みで人体の古くなった細胞を新しく生まれ変わらせるシステムのことだそうで、東京工業大学の大隅良典栄誉教授が仕組みを解明し、2016年にノーベル医学生理学賞を受けたことでも知らているそうな。

えっ、それだけで細胞が活性化して美容にも健康にもすごく良さそう!!

ちょっとまって、「16時間の空腹」ということは…前日の夜8時~当日のお昼までちょうど「16時間」経ってる~!私いまから食べていいんだ~!!といとも簡単にまる1日ファスティングをやめて、16時間ダイエットにシフトチェンジしたのでした。

バランスが取れた野菜中心の食卓

それから1週間経過。朝食抜きで過ごしました。夜も8時までに食事と晩酌を終わらせるという日々。

●体重は-1.5Kg、顔のぜい肉が少し取れてフェイスラインがはっきりしてきました。(マスク生活なのが残念なところです…)

●肩こりがすごく軽くなった!肩に乗せてた大きな石がなくなった感じ。

●朝、寝起きが良くなった。

●靴下を履いて寝なくても足先の冷たさが気にならなくなった。

●このブログを開設できた!(これも身体の調子が良くなったことで集中力がUPしたおかげかな?)

1週間経過でこれだけの成果ってすごいと思います。これからも、続けていく予定です。このファスティング法の注意点としては、脂肪と一緒に筋肉も落ちるので、適度な運動や筋トレをセットでやること。それにより、筋肉量を維持していれば、基礎代謝が落ちることもなく、食事を3食サイクルに戻した後にリバウンドする可能性も少なくなるそうです。

AERA dot.の記事

https://dot.asahi.com/aera/2020032600029.html?page=1
「16時間の空腹」で疲れ知らず ダイエットにも効く「オートファジー効果」とは?

色々なファスティング方法やダイエット方法の情報がネットに溢れていますが、自分に合った方法を見つけて無理なく安全に健康になれるといいですよね。

3週間経過後の記事はリンクをクリックしてくださいね。

2021年4月26日3分で読めます,Health&Beauty

Posted by ひみ